『ゼロの物語』 (ゼロの物語三部作)~惑星の破滅を救うのは善(プラス)でも悪(マイナス)でもなく「ゼロ」である。「ゼロ」を求める物語が今始まった!~

ゼロの物語
惑星の破滅を救うのは善(プラス)でも悪(マイナス)でもなく・・・ゼロ!
過去と未来が交錯する、時空を超えたSF冒険ファンタジー「ゼロの物語」が今始まる
ゼロの物語~ゼロの物語三部作 [Kindle版]

【英訳版】 Story of Zero Book I~Encounter~、2015年7月30日 販売開始!
>>Amazon.com  >>Amazon.co.jp

ほか、全世界のKindle ストアで販売しております。

ゼロの物語三部作、Amazon Kindle ストア(全世界)にて好評発売中!

今すぐKindleで~ゼロの物語~(ゼロの物語三部作)をお読みいただけます。 Kindleをお持ちでない場合、 こちらからご購入いただけます。


ゼロの物語~ゼロの物語三部作
 皆さんは「夢」という文字を読んで、どういったことを連想されますか?睡眠中に見た夢を思い出す方もあるでしょう。あるいは、日々の生活のなかで自分が目指しているゴールを連想する方もあるかもしれません。「夢」という文字はいろいろな意味を持ちますが、「夢」が見せてくれる世界は、不思議で、希望に満ち、恐怖を感じさせ、苦難に立ち向かい、愛に溢れるものです。そして「夢」から目覚めたとき、その世界の経験を振り返りながら、新しい「夢」との出会いを心待ちにします。

 この『ゼロの物語』は、そんな「夢」の世界を描いた物語です。物語の登場人物たちが「夢」に向かって苦難に立ち向かう、SF冒険ファンタジーです。物語を読みながら不思議な世界を感じつつ、ハラハラドキドキして、主人公たちと一緒に冒険を楽しんでいただけたらと思います。そして読み終わったときに、物語の世界を振り返りながら、皆さんの現実世界の「夢」に向かう原動力としていただけることを願っています。

 この物語は、語り手であるソラが見た明晰夢の世界が物語の舞台となっています。明晰夢というのは、夢の中で自分が夢を見ていることに気がつく夢です。その明晰夢でソラはゼロという女性と出会います。しかしそのゼロは、地球からはるか2,000万光年も離れた、エリュシオンという惑星の住人だったのです。

 惑星エリュシオンは、進化の分岐点に立っていました。闇と光が交錯するなか、ソラはエリュシオンを光の世界に導くことに関わります。そしてそれは、地球での自分の人生に対して真剣に向き合うことでもあったのです。『ゼロの物語』というタイトルは、ソラがゼロと出会って始まった物語という意味があります。しかし、このタイトルにはもう一つ大切な意味があるのです。

 一般的な物語の典型的な構成として、善と悪の戦いがあります。相反する二つの物が葛藤することで物語が進行します。もちろん、『ゼロの物語』も、そうした善と悪のせめぎ合いが重要なテーマとなっています。しかし善も悪も、人間が創り出した概念にしか過ぎません。現代の世界で悪と信じられていることが、過去の歴史では善であった時代もあります。個人的な事情で誰かの命を奪えば犯罪者です。しかし同時に、ボタンひとつで何百人の人間を殺した人が勲章をもらうこともあるのが人間社会です。

 果たして絶対的な善や悪というものがあるのでしょうか?特定のことが善とされて一般的に知られると、そうでないことが悪になります。この二元化の世界は、常に相反するものを生み出します。時代が変わり社会が変化しても、新しく創造された善の概念は、同時に悪の概念を発生させます。何かが善であることは何かが悪であると言っているのと同じです。人間の集合意識は、そのような分類と分離にエネルギーを費やしています。そして悪という概念の存在は、それを実行する者を生じさせることになります。ポジは常にネガの裏返しであるのです。

 悪の力に圧倒されそうになったエリュシオンで、登場人物たちは善の力で対抗しようとします。しかし、それは新たな悪を生む温床であることに気づきます。マイナスにプラスで対抗しようとすると、その針はどちらかに大きく振り戻すことになります。そのように限りなく続く悪を終焉させるのに必要なのは、「ゼロ」という意識であることに彼らは気づくのです。現代の仏教で「無」や「空性」と説明されている境地です。

 『ゼロの物語』はこの「ゼロ」を目指して惑星を駆け抜けた、登場人物たちの冒険と葛藤を描いた物語です。そしてこれこそが、この物語のタイトル名の本当の意味です。登場人物たちがどのようにして「ゼロ」を見つけていったのか、物語を通じて知っていただけたら光栄です。

 でも、難しいことは考えずに、気軽に読んでくださいね。惑星エリュシオンの世界をそのまま楽しんでいただけることは、登場人物たちが最も喜んでくれることだと思います。そして時々は夜空を見上げて、はるか遠い銀河に思いを馳せていただければ嬉しいなぁと思っています。

>>作品の紹介

130719_1.jpg

LinkIconI~出会い~
印刷会社に勤めるソラは、特に存在感のない普通のサラリーマン。恋人のリンと適当につきあいながら、無気力な日々を過ごすだけの生活だった。
そんなソラが唯一非凡な才能を見せていたのが、夢の中で夢だと気がつく明晰夢を見ることだった。
明晰夢の世界に逃避することで、ソラは退屈な現実世界をかろうじて人並みに過ごすことができた。

>>あらすじ
>>Amazon

ゼロの物語Ⅰ~出会い~ (ゼロの物語三部作)高羽 そら (2013/7/28) - Kindle本
¥ 100
Kindle(評価)

130719_2.jpg

LinkIconII~7本の剣の守り手~
危機一髪で研究所を脱出したソラたちは、新たな剣の守り手であるブロック大佐を迎えて、残る3人の剣の守り手の探索を続けていた。
ホワイトにガイアの人間だと知られた事実を仲間に言えずにいたソラは、悩んだ末ティーグレに全てを打ち明ける。
ホワイトは予言の成就を阻止するために、7人の剣の守り手だけではなくソラにも刺客を送り込んだ。

>>あらすじ
>>Amazon

ゼロの物語Ⅱ~7本の剣の守り手~ (ゼロの物語三部作)高羽 そら (2013/9/26) - Kindle本
¥ 100
Kindle(評価)

130719_3.jpg

LinkIconIII~次元上昇~
エリュシオンから強制的に脱出したソラとリンは、地球にも明晰夢の世界にも戻ることができずに虚無の世界をさまよう。ソラとリンの魂がエネルギーとして解体されようとするなか、かろうじて虚無の世界から救い出してくれたのは、二人のナイトスクールの親友であるレオであった。


>>あらすじ
>>Amazon

ゼロの物語Ⅲ~次元上昇~ (ゼロの物語三部作)高羽 そら (2013/12/24) - Kindle本
¥ 100
Kindle

無料サンプル

冒頭部分を試し読みできます
今すぐサンプルを送信

Kindle または他の端末に配信
サンプル配信の仕組み

Kindle無料アプリをダウンロードして、モバイル端末で読書をお楽しみください。
Kindle無料アプリをダウンロードして、モバイル端末で読書をお楽しみください。

ゼロの物語三部作~あらすじ~

Amazonにて発売中

130719_1.jpg
ゼロの物語Ⅰ~出会い~ (ゼロの物語三部作)高羽 そら (2013/7/28) - Kindle本
¥ 100
Kindle(評価)

>>あらすじ

130719_2.jpg
ゼロの物語Ⅱ~7本の剣の守り手~ (ゼロの物語三部作)高羽 そら (2013/9/26) - Kindle本
¥ 100
Kindle(評価)

>>あらすじ

130719_3.jpg
ゼロの物語Ⅲ~次元上昇~ (ゼロの物語三部作)高羽 そら (2013/12/24) - Kindle本
¥ 100
Kindle

>>あらすじ